FC2ブログ


自称フェチに自信がある人は、ここをクリックして下さい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

形成手術ミス隠す 主治医らを処分へ

山形大医学部付属病院は23日、皮膚を切除する形成外科手術で医療ミスがあり、女性患者の左脚の筋肉が壊死したことを明らかにした。執刀医と主治医らが事実を病院側に報告しなかったことを「隠ぺい」と断定、今後厳しく処分する。

 同日会見した山下英俊病院長らによると、患者は手術当時、山形県内在住の20代女性。2005年5月、皮膚と皮下組織を切除して縫合する手術を受けたが、縫合で血流の障害が起こって左脚が壊死し、自力で動かせない状態になった。プライバシー保護を理由に手術部位は公表されていない。

 この事実は昨年12月、患者側の申し立てで山形地裁から証拠保全命令が出されて発覚。病院側は調査専門委員会を設置して審査した。

 同委員会の調査報告書は、整形外科の執刀医と皮膚科の主治医3人が手術後の合併症を予測していなかったことが事故発生の最大の要因だ、として、「過失を伴う医療事故だ」と結論付けた。

 さらに医療事故の可能性がある事例は直ちに病院に報告すると定めた病院の規則に違反し、「隠ぺい」と断定した。

 事実経過は担当教授らも把握していたが、病院へ報告するように指示した形跡はなかった。報告書では、整形外科と皮膚科の間で責任の押し付け合いがあった事実も示された。

 山下病院長は「患者さんに誠意を持って対応するとともに、二度と同様のことが起こらないように徹底したい」と話した。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070324-00000013-khk-l06&kz=l06

スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
[PR]

2007年03月24日 芸能ニュース トラックバック(0) コメント(1)

セックス検索!無料でセックス用語をご紹介

2008年02月22日 セックス URL 編集












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。