FC2ブログ


自称フェチに自信がある人は、ここをクリックして下さい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

子供の異常行動、飛び降り「タミフル」原因説は間違い!? 

 先月29日、インフルエンザと診断された横浜市の中学2年男子(14)が、自宅2階から転落した。けがはなかったが、意識が朦朧(もうろう)とし、庭をはだしで歩いていたところを父親に発見されたという。問題は、この少年が「タミフル」(販売元・中外製薬)を服用していなかったことだ。先月17日にもタミフルを服用していないインフルエンザの14歳男子生徒が自宅2階から飛び降りて骨折したケースがあり、相次ぐ少年の異常行動が、タミフルの副作用とばかりも言えなくなってきた。
 先月21日、厚生労働省は10代の患者へのタミフル投与の原則中止を決定したばかりだが、タミフルと異常行動の関係はどうなっているのか?
 細菌学が専門の中原英臣・医学博士がこう言う。
「今では信じられませんが、ペニシリンも開発当初、数万人に1人の割合で重度のアレルギー反応を起こして死に至る『ペニシリン・ショック』と呼ばれる副作用事故がありました。タミフルも米国ギリアド・サイエンシズ社によって96年に開発された歴史の浅い薬で、進歩の途上にある抗ウイルス剤です。ややヒステリックに騒がれていますが、すべての薬には副作用がある。国は、命にかかわる副作用の可能性が少しでもある限り、飲ませないという判断を下した。その点については正しいと思います」

●インフルエンザの高熱でも異常行動を起こす場合が…
 タミフルは、昨年度だけで副作用の疑われる事例が1763件報告された。うちベランダからの飛び降りなど極めて異常な事例が23件。
 しかし、厚労省はタミフルと異常行動の因果関係について今も否定的な立場を取っている。というのも、インフルエンザによる高熱でも異常行動を起こす場合があるからだ。
 中外製薬に見解を求めたところ、「今の段階では、研究の調査結果を待つしかございません」(広報担当)とのことだが、子供を持つ親は「タミフルを飲ませなければ子供は飛び降りない」とは考えない方がいい。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070406-00000014-gen-ent&kz=ent

スポンサーサイト
[PR]

2007年04月13日 芸能ニュース トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。